一生ブラックリストに載り続けることはない

借りたお金を返すというのは当然のことですが、借金の額がある程度以上に膨れあがってしまうと、どうしても返済できなくなってしまいます。借金が増えてしまうと利息だけでもかなりの金額になってしまいます。ずっと利息ばかり払っていて、元金が減りそうもないのであれば債務整理という選択肢を考えることも大切です。

 

さらに借金を重ねて、なんとかしのごうかと考える人もいるでしょうが、どう考えても状況は好転しません。自転車操業もすぐに行き詰まって、闇金などの違法なお金に手を出してしまうのは時間の問題です。返済をするために必要な収入を急激に増やすことは難しいでしょうから、債務整理をして人生をやりなおすことも必要です。

 

債務整理を行う決意ができたら、すぐに弁護士や司法書士に相談をしてください。しかし、債務整理を利用しようと思っても、今後の生活に影響が出るのではないかと不安に感じ人も多いでしょう。そこで今回は債務整理を利用するとどうなるのか、「ブラックリスト」を中心に考えてみたいと思います。

 

債務整理をするとずっとブラックリストに載ってしまう?

キャッシング業界ではいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものが実在していて、これに名前が載ってしまうと、今後の融資に影響が出ます。債務整理をするということは、本来であれば返済するべきお金を返済しないわけですから、キャッシング会社に取ってみれば問題のある顧客ということになります。

 

当然ながら、債務整理をしてしまえばブラックリストに情報が登録されてしまうのは避けられません。それでも債務整理をする価値はあると考えます。なぜなら債務整理を行えば生活を立て直すことができますし、ブラックリストも未来永劫に名前が載り続けるわけではありません。ブラックリストから名前が消えるのは何年後なのかは具体的に不明ですが、一般的に早ければ5年ぐらいとのことです。

 

簡単に債務整理について解説しますと、大きく分けて「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類に分類できます。任意整理と個人再生には違いがかなりありますが、どちらも借金を減らしてもらい返せる範囲で返済していくことになります。この場合には、減額された借金を返済し終わってから5年ほど経過するとブラックリストから名前が消えると言われています。

 

自己破産はどうにもならなくなったときの最終手段で、財産をほとんど処分する代わりに、借金そのものをなくしてもらえます。裁判所に免責認可してもらう必要がありますので、その段階から数えて5年後に自己破産の場合にはブラックリストから消えます。

 

ただし、具体的に何年何月にブラックリストから名前が消えるかを教えてもらえるわけではありませんし、日付が前後する場合もあると思われます。どうしても気になる人は、キャッシングの利用を再開する前に、自分でブラックリストに名前が載っているか確認してみるといいでしょう。

 

いわゆるブラックリストというのは信用機関に悪い情報が載っている状態のことを言います。信用情報機関に問いただせてみれば自分の名前が載っているのか簡単にわかります。せっかく債務整理をして借金がなんとかなっても、5年間も待てないという人もいるかもしれません。そういったときに「ブラックの方でも歓迎」のようなダイレクトメールやチラシを見て、手を出さないようにしてください。

 

言うまでもありませんが、そのような業者は間違いなく違法な闇金です。法律の制限なんか気にすることのない金利ですから、せっかく借金がなんとかなったのに逆戻りどころではすみません。5年というのは確かに長いかもしれませんが、債務整理はやり直すための最後のチャンスですから、無駄にしないようにしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日