消費者金融の入金が早い3つの理由

今すぐお金が欲しい人にとって、最も大切なのは「いつ入金されるのか」ということだと思います。消費者金融と銀行系カードローンを比較したときに、入金スピードが早いのは消費者金融のほうです。それでは、なぜ消費者金融のほうが入金スピードが早いのでしょうか。その理由を3つ述べます。

 

消費者金融の入金が早い3つの理由とは

 

審査速度の速さ

消費者金融が銀行系カードローンより入金が早い理由のひとつに「審査の速さ」があります。消費者金融を利用する人はお金に困っている人が多く、今すぐにでもお金がほしい人が多いので、審査時間を速くし、それを売りにすることでお客さんを集めるということに繋がるわけです。昔は何もせずとも人が集まってきたのですが、時代の流れがそれを難しくしました。総量規制の施行があったり、昨今大々的に行っている、過払い金請求などにより、消費者金融も経営難の会社が多くなっているのです。そのため、少しでも利用者のために審査時間を速くしたりして、お客さんを集めているのです。

 

反面、銀行カードローンは金利が低いため利用者も申し込みやすいという側面がありますが、消費者金融は銀行が母体ではなく、お金を借りている先が銀行であり、そのお金を消費者に貸しているわけで、金利を低くデイないのです。ですから、少しでもお客さんを多めに確保して回転させていかなければいけないということになるわけです。

 

審査基準の許さ

次に、消費者金融は審査の基準が緩いという面があります。顧客を集めなければならないので、そのため審査基準を低くしているところもあり、条件さえ満たせば入金がすぐに行われるというケースもあります。どちらもコンピュータ審査を行うこともあります。現代はコンピュータ社会のため、消費者金融も銀行もコンピュータで審査を行うことが普通になっています。

 

この人についての利用限度額はいくらまでOKなのか、他社からの借入はどれくらいあるかなどです。それが終われば担当者による確認になりますが、それでも銀行よりは消費者金融のほうが審査基準が緩いと言われています。銀行系カードローンになると、書類自体が偽造でないかなど、細かいところまでしっかりと調べます。

 

職場への在籍確認も本人が電話に出ないかぎりは審査通過できないといったこともあります。しかし、消費者金融の場合はあくまで自己責任という側面もあり、何か問題があっても、それは本人のせいであるという考えがあるため、審査通過は緩めに行っていると言われています。

 

消費者金融の在籍確認も本人以外が対応しても大丈夫です。電話確認で受付が取っても、本人が在籍していることがわかれば、それで大丈夫となります。ですから消費者金融は審査スピードも早いですし、入金も早いのです。

 

自動契約機の存在

最後に「自動契約機」があります。消費者金融は全国的に自動契約機を展開している業者が多いです。銀行系カードローンの自動契約機というものは、ほとんど存在していません。自動契約機の大きなメリットは、365日稼働しているということころです。

 

時間による制限はありますが、営業時間外であってもカード発行から借入までを行えるのが大きな強みとなります。なお、最近はネットから審査を申し込み結果を待ち、結果が出たら自動契約機で契約するといったことが一般的になっています。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日