銀行と消費者金融の違いとは?

キャッシングとは何か

キャッシングとは、カードを利用して現金を引き出す事を言いますが、一般的には現金の借り入れをする場合に多く使われている言葉です。

 

キャッシングといえば消費者金融をまず思い浮かべるかもしれませんが、銀行でも同じように即日キャッシングのシステムがあります。では双方には何か違いがあるのでしょうか。

 

>>おすすめフリーローンはこれ!最速カードローン業者<<

 

銀行カードローン

即日キャッシングをしようと思えばやはり消費者金融と思いがちですが、銀行で扱っているカードローンも性質はほとんど同じです。

 

銀行カードローンの特徴は以下の通りです。

 

24時間申し込み可能

 

例えば申し込み方法も、インターネットで24時間申し込みができますし、その銀行の口座を持っている場合はむしろ審査から先が早い場合があるほどです。

 

審査のスピードも30分程度と消費者金融に引けを取らない早さです。それもそのはずで、銀行と消費者金融は業務提携をしている事も多く、そのノウハウをお互いに利用しているために対応も似ているのです。

 

低金利

 

銀行がおこなう融資なので、消費者金融より低金利での貸し出しが可能です。

 

スピード審査

 

銀行の即日キャッシングも審査は早いですが消費者金融よりも審査項目が多く、職場への在籍確認の電話は必須事項で、全体的にやや厳しい傾向にあります。審査に対応している時間は、窓口の営業時間を越えて夜まで対応しています。

とにかく急ぎたい!口コミで選ばれている最速キャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融

即日キャッシングに強い消費者金融は、銀行よりも遅くまで営業しています。主な特徴は銀行と似ていますが、銀行にはないメリットもあります。

 

24時間申し込み、振り込み可能

 

消費者金融でも24時間審査に申し込む事ができます。さらにすごいのは、所定の銀行口座があれば24時間振り込みが可能という点です。審査に対応できる時間は決まっていますので、初回は審査できる時間に申し込まなければ即キャッシングはできませんので注意しましょう。

 

審査の方法は融通がきく事もある

 

銀行との違いの一つには審査の融通があります。とはいっても、少々危なくても簡単に貸してくれるというわけではもちろんありません。きちんとした審査は行われますが、土日祝日、夜間も利用できるという性質上、職場への在籍確認がすぐとれない場合でも、方法を変えたり電話だけ後日にしたりして先に融資をするという具合に、多少融通がききます。

 

銀行も消費者金融もどちらもほとんどかわならいサービス内容ですが、いくつかのポイントで違いがあります。どちらを利用するのがいいのかは、状況によって異なる事でしょう。額の大小に関係なく、借り入れの審査を何社も立て続けに受けるのはよくないので、どこから借りるかは良く考えてから選ぶようにしましょう。

 

銀行カードローンなら、無利息キャッシングもできる

利息といえば、やはり銀行カードローンでキャッシングをするときには、もっとも考えなければならないポイントですよね。たとえば、給料日の前だというのに財布が心細い。そんなときには銀行カードローンが便利ですが、キャッシングをすれば当然のことながら金利が発生します。「あと数日後には給料が入って返済できるのに、それでも金利がかかるのはもったいない」。そんな思いを抱える人には、無利息キャッシングができる銀行カードローンをおすすめします。

 

一定の条件を満たしていれば、利息なしで借り入れができるのが、無利息キャッシングです。この便利なサービスは、たとえば、新生銀行のカードローン「レイク」で利用できます。「レイク」では、初めて利用する人限定で、5万円までなら180日間無利息、あるいは30日間無利息でのキャッシングというサービスが利用可能です。

 

無利息キャッシングのサービスを提供する銀行カードローン会社は、ますます増えてきています。各社それぞれが、無利息キャッシング適用の条件を定めています。必ず事前に、各銀行カードローンの無利息キャッシングに関する条件について確認し、それぞれ比較しながら、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また、借り入れにあたっては、返済期間や返済金額などを確認し、しっかりとした返済計画を立てることも忘れないようにしましょう。いくら無利息とはいえ、無理な計画で利用すれば、今後の借り入れにも影響してきます。銀行カードローンは、いざというときの強い味方ですので、キャッシングの利用機会が多い人は、今後の使い方も含めて事前に考えて選択するようにしましょう。

 

すぐに返せるなら絶対お得です!無利息期間ありのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

フリーターや派遣社員でも利用可能なカードローン

フリーターや派遣社員の方にとって、カードローンの契約は、ハードルが高く、審査が厳しくて通らないのではないか、契約は難しいのではないかと考え契約を諦めてしまっている方が多いのではないでしょうか?

 

たしかに昔は、キャッシングやカードローンなどを利用する際の条件が厳しく、安定した収入が見込めなければ契約ができない。つまり、正社員であるというのが大前提でした。しかし、ここ数年で日本の就労形態がかわりました。

 

派遣社員やフリーターとして、長期にわたり働いている方が増えたことにより、銀行カードローン会社などでも、そのような就労形態の方に対してローン契約を行えるようになりました。

 

パート・アルバイトも歓迎のキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘヘ

 

安定した収入は必須

フリーターや派遣社員の方であっても、銀行カードローンを利用するためにはある程度の安定した収入と、勤務年数などが審査の対象となります。

 

フリーターや派遣社員であっても、長期にわたり安定した収入を得ているという実績が確認できれば、支払い能力があると認められ、銀行カードローンの契約をすることが可能となります。

 

すべての年収を報告

まず、銀行カードローンを契約するにあたって、実際の年収がどのくらいあるのか、申告が必要となります。そこで、複数のアルバイトを掛け持ちしているフリーターの方、複数の派遣会社に登録している派遣社員の方については、注意が必要です。

 

収入の一部分だけを申告した場合には、もちろん収入自体も少なく計算されるために審査が通りにくくなります。もし、審査に通ったとしても、利用可能限度額が低めに設定され、金利が高く設定される可能性が高くなります。面倒であっても、すべての仕事に対しての申告と、合計年収を正確に報告するようにしてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日